これからの日本を背負っていく『Z世代』

Z世代イメージ

毎年新卒採用を行っている会社では、来年度の新卒採用がすでに始まっており、
採用担当者にとっては最も忙しい時期を迎えています。

新人には「ゆとり世代」や「ミレニアム世代」などに代表されるように、生まれた世代の社会・経済情勢を背景にした共通の特徴があります。
今年入社する新人は、いわゆる「Z世代」と言われる20代前半以下の若者です。

「Z世代」の由来は、

1960年後半から1970年後半生まれが「X世代」、

1980年前半から1990年後半生まれが「Y世代」と呼ばれ、

次に来る1990年後半以降の生まれが「Z世代」になります。

Z世代イメージ

「Z世代」は、物心がついたときからすでにデジタル技術が生活に浸透していて、インターネットやオンラインの世界に慣れ親しんでいます。
Webを巧みに使って情報をすることが収集できます。
主なコミュニケーションはSNSで行うなど、日常生活の中にデジタル技術が当たり前のように存在しています。
そのため、テレビを見る時間よりもYouTubeやSNS等のインターネットを利用する時間の方が多いのです。

「Z世代」には、次のような特徴があるといわれています。

● 東日本大震災など社会的に不安定な時代に幼少期を過ごしたため、仕事に関してはやや保守的で、安定した収入を得られる職業を好む。経済面でも無駄な出費は避ける傾向がある。

● インターネットの普及により世界情勢を知る機会が多い。また学校でも多様な価値観の重要性を学んでいるため、ダイバーシティ(多様性)を重視する。

● 地球温暖化やSDGsなどの環境問題、貧困・差別などの社会問題に関心があり、社会貢献や世の中の役に立つことに価値観を見出す。

この「Z世代」に関して、先日、大手求人サイトが毎年実施している調査レポートを読みました。
調査対象者は来年大学を卒業する「Z世代」です。この調査レポートを読んで驚いたことが2つあります。

ひとつは、「将来、育児休業をとって積極的に子育てしたいか?」という設問です。
10年も前からこの設問が継続して男女学生に行なわれています。
今日の深刻な少子化を予見しています。

もうひとつ驚いたのは、この設問に対して女子学生は10年前から概ね70%が「YES」と回答しているのに対して、
男子学生は10年前は36%程度でしたが、年々上昇して今年は約60%が「育児休業を取得して、積極的に子育てしたい」と回答しているのです。
女性と男性で育児休業や子育てに関する認識の差は、僅か10%弱に縮小しています。

まだ就職も結婚もしていない男子学生が、育児休業や子育てに関心が高いのは驚きです。
昭和生まれの世代には、とても考えられない回答です。

Z世代イメージ

今年成人式を迎えた新成人は約120万人。20年前は約150万人。
昨年出生し、20年後に20歳になる新成人は約82万人です。

20年タームでみると実に2~3割も新成人が減少しています。
それだけに「これからの日本を背負う希少な ”Z世代”の声に、もっと耳を傾けなければならないのでは?」と感じています。

社労士法人ジンザイでは、各種の労務相談に応じています。
労働法令以外にも、組織体制の整備や採用などの組織・人事に関する相談にも対応しています。
詳しくは、お問合せください。

投稿者プロフィール

社会保険労務士法人 ジンザイ
社会保険労務士法人 ジンザイ社会保険労務士
当事務所は、従業員1名から上場企業まで幅広い企業様とお取引をさせていただいています。各社の企業規模や業種特性に応じて、適切かつ柔軟に対応できるのが強みです。また、経営理念として、人事・労務・社会保険業務を通じて、経営的な視点からお客様企業の(1)より良い企業風土づくり、(2)より強い企業体質づくり、(3)より業績の向上、につながるよう日夜努めています。

100年ライフマネジメント

「100年ライフマネジメント」は、お客様の生活の中にある心配事を共に確認し、年代に応じた対策準備のお手伝いをする専属アドバイザー契約です。

月々1000円(税込)で専属アドバイザーには何度でもご相談いただけます。

Z世代イメージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

当事務所は、従業員1名から上場企業まで幅広い企業様とお取引をさせていただいています。各社の企業規模や業種特性に応じて、適切かつ柔軟に対応できるのが強みです。また、経営理念として、人事・労務・社会保険業務を通じて、経営的な視点からお客様企業の(1)より良い企業風土づくり、(2)より強い企業体質づくり、(3)より業績の向上、につながるよう日夜努めています。